TOEICスコアナビ【TOEICなんて簡単!】
1年でTOEIC 900の秘訣
トップページTOEICと留学自由の女神 【TOEICナビ】

TOEICと留学

アメリカには日本にはない自由がある。

アメリカでは他人から年齢を聞かれることもないし、自分が何をやっていても周りからとやかく言われない。

こんな理由で自由を求めて居住の地を日本からアメリカに移す人が近年増えているそうです。

特にこれらの意見は女性から多く聞かれるそうですが、確かに日本人は人の目をよく気にしますからね。

これをやったら世間体が悪い。こんな派手な服装を着たら周りから白い目で見られる。など。

アメリカ(特に都会)では確かにこういった世間体を気にするということは、全くとは言いませんが、日本ほどはありません。

ですので、この「世間体」のプレッシャーに押しつぶされそうになっている日本人がアメリカに留学などすると、その奔放な雰囲気にとても感激するそうです。

 

しかし、

 

この感激は私の見た感じだともってせいぜい数年のもののような気がします。

最初は人の目も気にせずに色々なことができることが楽しくてしょうがないわけですが、数年もたつちょっと違った感情が生まれてくるんですよね。

自分が何をしていても何も言われないということは、裏を返せば、他人は自分のことを気にもかけていない、ということです。

最初は何をやっても許されることが楽しくてしょうがないわけですが、段々とこの他人の無関心さを感じるようになってきて、人によっては深い孤独感を味わったりしています。そして、自分がここでは外国人であることを強く認識するようになり、そこからノイローゼになったりする人もいます。

 

私がルームメートだったアメリカ人とある映画を見ていたときに、

「アメリカ人って、本当に孤独だよな・・・」

と、ぼそっと漏らしたことがことが強く印象に残っています。

 

一概に「自由が良い」とは言い切れないものかもしれませんね。

 

               TOEICナビ・トップページへ


この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔