TOEICスコアナビ【TOEICなんて簡単!】
1年でTOEIC 900の秘訣
トップページTOEICと留学語学学校選び

TOEICと留学

よく語学留学を考えている人でなかなかどの語学学校がいいのか分からず、学校選びに関してアドバイスを求められることがあります。

私も色々な語学学校をロサンゼルスで見てきましたが、正直言って学校自体の質はどこも大して差はなかったように思います。

もっとはっきり言ってしまえば、どこも目くそ鼻くそ。(失礼。)

しかし、それでもやはり注目をするべき点というのはいくつかあります。

その中でも最も重要だと思われるのが、「生徒の質」。

学校の質や日本人がいるかいないか、に注目する人は多いと思いますが、この生徒の質にこだわる人というのは中々少ないように思います。

しかし、これが実は語学留学を成功できるかどうかの鍵なんですよね。

英会話ができるようになるかどうかというのは、結局のところ自分がどれだけやったかにかかってくるので、学校や先生の質はそれほど大きな要素にはなりません。

あくまで、自分が分からないところを質問したり、実際の話し相手としての練習台としてみるのがちょうど良いと思います。

私は日本人が全くいない語学学校というのは見たことがないのですが、たとえいくら外国人が多い語学学校でも、残念ながら、どこの国の生徒も結局同じ国の人たちと固まってしまう傾向があります。

ですので、日本人が少ない語学学校が英語上達の為には必要不可欠かというと、実際はそうでもないように思います。

結局少ない日本人同士で一日の大半を日本語で喋っていますから。

逆に日本人がとても多い学校でも生徒皆が英語だけしか話さないようにして、頑張っている学校もあります。

 

語学留学をしに来る人というのは、残念なことに大半はただ遊びにきているような遊学生が多いです。(悪いこととは言いませんよ。)

そして、その遊学生ばかりが集まるような学校に行ってしまうと、どうしても周りの雰囲気に流されてしまい、結局全てがなあなあになってしまう人が多いんですよね。

最初はあれだけやる気があったのに、結局は周りに流されてしまう。人間なんて基本的には弱い生き物ですので、それもしょうがないことなんですけどね。

ですので、本気で英語を学びたいような人はこの「遊学生の溜まり場」はなるべく避けるようにしてください。(どんな環境でも私はやる!という人は話は別です。)

語学学校はどこも値段がまちまちなので、安いところにはそれなりの生徒が集まります。逆にちょっと高めのところにはやはりそれなりの生徒が集まります。

そういった意味ではちょっと高めの値段ですが、やはり大学付属の語学学校が一番いいかもしれませんね。皆大学の入学を目指す人が多いので、真面目な生徒の比率が高いように思います。

それ以外の学校を考えている人は、学校に問い合わせをして、そこの生徒のやる気があるかどうかをはっきり聞き出してみるのも良いかもしれませんね。

 

HAPPY留学は、賢い情報収集から!「留学生活」で無料一括資料請求♪

 

                   TOEICナビトップページへ         


この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔