TOEICスコアナビ【TOEICなんて簡単!】
1年でTOEIC 900の秘訣
トップページ英会話・マメ知識子供英語の弊害 【子供英語】

英会話・マメ知識

私が留学していたときに、子供の教育のためにアメリカに移住をしてきたという人に出会う機会がたまにですがありました。

彼らが言うには、欧米の方が学校の設備や方針などががしっかりしているので、日本の学校に預けるよりこっちに預けた方が安心だということです。

これが本当に正しいのかどうかは私には分かりません。

人それぞれ考え方があるし、選択は人の自由だと思いますのでそもそも私にとやかく言う資格もないんですけどね。

しかしいくらアメリカに移住したといっても、ご両親はれっきとした日本人ですので、子供には英語と同時にしっかり日本語も覚えてもらいたいと考えているそうです。

ですので、子供は学校や幼稚園では英語を話し、家では日本語を話すという環境で日々生活をすることになります。

ここまでを聞くと、バイリンガル教育としてこれは最高の環境と思うかもしれません。

 

私は上で話したような環境で育った青年の方にあったことがあるのですが、確かに彼は英語は完璧に話します。

しかし、日本語が微妙なんですが、ちょっと変なんです。

 

学校や幼稚園で英語を話している子供は、家ではなかなか日本語を話してくれないと聞いたことがあります。

英語の方が実は話す方としては楽なんですよね。

そうして子供時代を過ごすとやはり日本語がおろそかになってしまうのでしょうか。

漢字は読むのも書くのも相当に苦手と話していました。

 

日本人、もしくはアジア人はアメリカではまだまだ少数派のマイノリティーなので、どうしてもアメリカの社会になじみきれないところがあります。

かといって完全な日本人ではない。

こういったアイデンティティのジレンマに悩む移民の人は多いそうです。

 

何でも一長一短なんですよね〜。

 

             「TOEICスコアナビ」トップページへ


この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔