TOEICスコアナビ【TOEICなんて簡単!】
1年でTOEIC 900の秘訣
トップページTOEICリスニングTOEICリスニングのコツ【TOEICリスニング】

TOEICリスニング

TOEICのリスニングで、どうしても単語が聞き取れないという話をよく聞くことがあります。

今までは、「何回も繰り返し聞いてみて。そうしたら聞こえるようになってくるから。」
とアドバイスをしていたのですが、どうもそれでもやはりうまくならないと最近になってまた話を聞きました。

そこでまたその方の問題点を考えてみたのですが、どうも分かりません。

そんな時にたまたま彼女が英語を音読しているところを聞く機会があったのですが、それが見事なカタカナ英語だったんです。

カタカナ英語というのは、英単語を英語の発音ではなくそのまま日本語の発音で読むことをいうのですが。

そこで何となくピンときたんですよね。

「ねぇ、この単語の正しい発音の仕方って知ってる?」

「…。知らない。」


英語の発音がどんなものなのかをしっかり知っておかないと、実際に話されている単語の意味は知っていても、それを聞き取ることはできません。

分かりやすいところで言うと、「水」は英語にすると「ウォーター」ですが、実際にアメリカ人が発音すると「ウォァラー」といった感じになります。

これじゃあ、同じ言葉でも全然聞こえは違ってきますよね。

英語は日本語で覚えても聞き取れるようにはなりません。

そこで、彼女にリスニングと同時にそのスクリプトも見ることをお勧めしました。

すると、リスニングの上達を実感できるようになってきたそうです。


ふー。(^_^;)


TOEICスコアナビ【TOEICは簡単!】
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔