TOEICスコアナビ【TOEICなんて簡単!】
1年でTOEIC 900の秘訣

TOEIC試験

昔何かで読んだ記事に非常に興味深いことが載っていました。

それは仕事の上で役に立つ資格ランキングというもので、TOEICはしっかり2位にランクインされており、1位は英検で3位は秘書検定。

語学に対する興味は日本では非常に高く、しかもこれみよがしに「これからは絶対ビジネスで英語は必須!!」なんていう言葉をかけ続けられれば、こういった結果になるということも何ら不思議ではありませんよね。


しかし、次は逆に仕事で役に立たない資格ランキングなるものを見てみると、何と、これも順位は上で述べたものとほとんど一緒なんです。

役に立つけど、役に立たないTOEIC。

要するに、仕事で英語を使う人にとってはとても重宝する資格なのですが、普段の仕事で英語を使わない人にとっては何の役にも立たないということなのでしょう。

仕事で英語を使わない方は、英会話の勉強は別としてもTOEICの勉強は必要ないものかもしれません。

しかし、これから就職を控えている学生さんたち。

多くの人がTOEICは役にたたないと言っているから、TOEICは受けないと考えるのではなく、是非、自分の選択の幅を広げるためにも、TOEICは一度本気で勉強してみてはいかがでしょうか。

それが、あるとき役に立つ、なんていうことは誰にも分からないですからね。


TOEICスコアナビ【TOEICは簡単!】

試験後にインターネットで解答速報が発表される英検などとは違い、TOEICは解答速報のようなものは発表していないようです。

その代わりに、みんなで受験したTOEICの解答を書いていこう、という掲示板のようなものは沢山見つけることができるのですが。


どこも書き込みがほとんどありません…。


そんなことから、今のところはTOEICの正確なスコアを知るためには、やはり結果が発表されるまで待つしかないようです。

試験直後に自分の解答が正しかったかどうかを知りたいと思うのは、人の性だと思いますが、ちょっと我慢して結果が郵送、もしくはネットで発表されるまで待ちましょう。

果報は寝て待てです。


TOEICスコアナビ【TOEICは簡単!】

TOEICの受験者数は毎年どの位いるのかちょっと調べてみました。

「日本で一番受験者数が多い資格」と併せてご参照ください。

1位 運転免許 : 387万人
2位 英検 : 248万人
3位 漢検 : 240万人
4位 TOEIC : 143万人
5位 情報処理技術者試験 : 66万人

だそうです。

運転免許が1位というのは納得できますが、英検と漢検の受験者も異様に多いですよね。

ちょっとびっくり。

 

             「TOEICスコアナビ」トップページへ


これは私が実際に犯したことのあるTOEIC試験日での失敗談です。

私は留学前に一度TOEICを受験したことがあります。その頃は英語なんてさっぱり分からないし勉強も力を入れてしたくはなかったので、試験前日に一気に勉強してしまおうという魂胆でした。

そして、前日にほぼ徹夜で勉強し、本番直前に栄養ドリンク、そしてコーヒーを飲み、準備万端となったところで本番に向かったのですが、リスニングの問題が始まって10分ほどたったところで、非常にきつい吐き気に襲われたんですよね。

早くこの場を退出しなければ、本当にやばいと思うぐらいのものでした。

しかし!!

リスニングの問題中に私が席でも立とうものなら、周りの受験生からの白い目で殺されるのは分かっていましたし、何より自分自身がしっかり聞き逃すことなくテストを受けたかったので気分が悪いのは我慢していました。

するとある瞬間に一気に目の前が真っ白になり、そこでもうテストどころではありませんでしたね。(笑)

皆さんも試験前には十分睡眠はとってくださいね。あとカフェインなどの取りすぎにも注意ですぞ。

 

             「TOEICスコアナビ」トップページへ


TOEICは基本的に就職や転職などをするときの選考審査として使われているというのは周知の事実ですが、大学大学院を受験するときの選考審査としても使われているのはご存知でしたか?

都心の私立大学を中心に見てみると。

早稲田大学上智大学明治大学成蹊大学法政大学明治学院大学などがとりいれているそうです。

この他の大学でもTOEICを選考基準として取り入れているところは、もちろんありますので、これから大学受験をされる方は、自分が受験する大学のことも調べてみると良いと思います。

スコアとしては、およそ600点でも持っていれば、十分考慮されるようですが、一部の英文学科や国際教育学科などでは、これよりも高いスコアが求められることが一般的のようですので、注意が必要ですね。

TOEIC600点程度だったら、十分高校生レベルでも取れるスコアだと思いますので、是非チャレンジしてみてください。

 

             「TOEICスコアナビ」トップページへ


海外でTOEICを受験するとスコアが日本で受験するよりも落ちるというのは本当でしょうか。

TOEICは正解をすればするほどスコアが上がっていくものではなく、そのテストの受験者の平均スコアなどでスコアが決定する偏差値のようなものになっています。

そのため、やはり英語圏の国で受験すればそれだけその国で英語を勉強している人たちが集まりますので、平均点自体が高くなると思われます。

そのため日本でのTOEICスコアと海外のものではスコアに違いがでてくるのはないでしょうか。

もし、少しでも良いスコアを取りたいのであれば、やはり日本でTOEICは受験した方が無難かもしれませんね。

 

             「TOEICスコアナビ」トップページへ


TOEICの試験日は大体、1月、3月、5月、6月、7月、9月、10月、11月の月の半ばから後半の日になっています。

申し込み期限はおよそ試験日の2ヶ月前から1ヶ月前までの1ヶ月間。

月によって多少の誤差がありますので、詳しいことはTOEICの公式ホームページで調べるといいと思います。

申し込みの期限日が過ぎてしまうと、間違いなく受験は不可能となってしまいますので、「この日までにTOEICの結果が必要」と分かっているような人は早めに申し込みをすることをおすすめします。

 

             TOEICスコアナビ」トップページへ


社員や派遣社員のキャリアアップを助けるために「TOEIC IP」を推奨している企業や派遣会社が近年増えてきたそうです。

ちなみに、TOEIC IPとは法人向けのTOEICテストのことでそこの企業や派遣会社の社員は本試験よりも安く受験することができます。要するに団体割引ですね。

そして、いくらか安くなっているとはいえ、TOEIC IPの効力はTOEIC本試験のものと全く変わらず、そこでのスコアはしっかりと履歴書などにも書くことができるので、派遣会社に所属する人などは積極的にこれらは利用するといいのではないでしょうか。

TOEICでそれなりのスコアを持っていれば、自分の職業の選択の幅も広がりますし、なにより語学の勉強は楽しいものですからね。

是非、チャレンジしてみましょう。

 

             「TOEICスコアナビ」トップページへ


TOEICは英検やその他の資格のように、合格点というものがありません。

TOEICスコア換算は純粋に何問を正答すればこれだけのスコアが取れるというものではなく、いわゆる偏差値のようなもので換算されているそうです。

その為、他の受験者の平均スコアが高ければその分自分のスコアは低く換算されますし、逆に平均スコアが低ければ自分のスコアは高めに換算されます。

TOEICで0点を取る人がほとんどいないのはこのためだったんですね。

皆が難しいと思ったテストほど自分がハイスコアが取れるチャンスがあるということですが、他の人がテストが難しいと感じるようであれば当然自分にとっても難しく感じるはずですので、やはりハイスコアのためには他の人よりも余分に勉強する必要があることになります。

毎日地道にでも着実に頑張りましょう。

 

            「TOEICスコアナビ」トップページへ


TOEICの参考書を使っての勉強と一緒に是非活用していただきたいのが、TOEIC模試です。

模試と言ってもわざわざ会場などに行って受ける類のもではなく、そこら辺の本屋で売っている「模擬試験集」などで十分です。

この模擬試験集は解答だけでなく、しっかり解説もついているものを選んでください。問題を間違えてそこからまた参考集を開くというのはとても面倒なことですから。

TOEIC本番の前にこの模試で慣れておくことのメリットは何といっても、本番の時間感覚が身に着けかれるということです。

いくらTOEICの中級、上級者でも時間切れのためにスコアが思った以上に伸びなかったというのはよく聞く話なので、あなたが本番で失敗しないためにもこの模試でしっかり時間感覚を身に着けましょう。

あと、TOEICでは数問ほどひっかけ問題らしきものが出てきますので、本番前にしっかり模試を解いて、それらひっかけ問題の傾向をつかんで対策を打っておきたいですね。

 

新TOEICテストハイパー模試

予想得点がわかる新TOEICテストパーフェクト模試200

 

            「TOEICスコアナビ」トップページへ