TOEICスコアナビ【TOEICなんて簡単!】
1年でTOEIC 900の秘訣

TOEIC試験

私もテストなどでよく経験したことなんですが、何となく同じ解答用紙に同じ解答が何回も続くと不安になったりしませんか?

例えば、AAAとか同じ解答が何回も続くときです。

3つ同じ解答欄にマークをして、次も自分で出した答えがまた同じ解答欄だったりすると、ちょっと変えたほうがいいかなという気にもなったりしますよね。

しかし、私がTOEICで9○○点を取ったときも、この様に解答用紙に同じものが続くというのはありましたので(最大で5個とかありました。)そういったことは気にせず自分の思ったとおりに解答するのがベストだと思います。

結局は自分の思ったものと違ったものを選んで間違えるというのが一番悔しいですからね。

 

             「TOEICスコアナビ」トップページへ


よく企業の面接などに行って履歴書に英検2級と書いておくと、「これはTOEIC換算するとどれくらいになるのか?」といったことを聞かれるそうです。

確かに英検は高校などで半ば強制的に受けさせられたりするので、英検2級を持っている人というのは多いと思います。そこでちょっとでも履歴書の見栄えをよくするために資格の欄に書く人が多いのでしょう。

私も英検は受験したことあるので、何となくは分かりますが、あくまで私自身の感覚で言っているので、ある程度の目安として覚えておいてください。

英検2級TOEIC換算するとおよそ500点〜600点の間位です。

ですので、面接官にそのように聞かれた場合は、およそこの位だと答えれば嘘には決してならないはずです。

あくまでこれは換算なので、もっと上だと言ってしまっても嘘にはならないかもしれません。しかし、それ以上と言ってしまうとちょっと。。という感じがしてしまうので、止めておいた方が無難でしょうね。

それ以前にTOEIC自体を受けてしまえば話は早いんですけどね。

 

               「TOEICスコアナビ」トップページへ


TOEICを実際に受験する前に自分の予想スコアはある程度出すことができます。

予想得点がわかる新TOEICテストパーフェクト模試200

私も実際に本番の前にこういった自宅で出来る模試は活用していましたが、模試でのスコアと実際のスコアはほとんど一緒でした。

そういった点ではこういったものは非常に信頼できるものだと思います。

逆にこれだけ勉強に時間を使ったんだから、これぐらいの点数は取れるだろう、という予想はやめておいた方が無難です。

思ったようにスコアがとれなかったときの失望感は相当なものになるので、その後のモチベーションに支障をきたしかねませんので。

この模試でしっかり自分が思うようなスコアを取れるようになってから本番に臨んでくださいね。

 

              「TOEICスコアナビ」トップページへ


4大を卒業した大学生TOEICの平均スコアは450点程度と言われています。

TOEIC全体での平均点が550点程度なので、勉強が本業である大学生としてはもうちょっと頑張ってもらいたいところですよね。

ちなみに東大生(大学院生)の平均スコアは理系の人で700点程度、そして文型の院生で800点程度だそうです。

(All about: 東大生のTOEICスコア 参照)

やはりスコアだけを見れば流石と言えるのではないでしょうか。

 

TOEICスコアが600点ほどでもあれば、履歴書にも書けますし、企業によってはそれが有利に働くので、大学生の皆さんはちょっとだけ頑張ってみましょう。

ちょっとの努力で600点だったら簡単に超えられますからね。

 

 ソースネクスト いきなりハイスコア 600突破

 

新TOEICテスト完全攻略ガイド

 

              「TOEICスコアナビ」トップページへ


英語を母国語とするネイティブスピーカーのTOEIC平均点は950点だそうです。

いくらネイティブとはいえ、やはりテストはテストですからね。多少の間違いはしょうがないものなのかもしれません。

しかし、ネイティブでTOEICを受ける人なんてどれだけいるんでしょうかね。

しかも、何のために?

 

                TOEICナビトップページへ


TOEICとは、

T:とっても

O:おしゃれな

E:エロくて

I:イカした

C:キャミソール

 

 

ではありません。


TOEICの公式ホームページにあるデータを参照して、TOEIC900点以上を取る人の割合はどれくらいいるのかちょっと調べてみました。(注:正確にはTOEIC895点以上の人数の割合です。)

TOEICの面白いところは、毎回違った人たちが受けているであろう試験なのに毎回多少の誤差があったとしても平均スコアが似たり寄ったりのものになることなんですよね。

そして、TOEICで900点(895点)以上を取る人の割合も何故か毎回似たようなものになっています。

TOEICで900点以上を取る人の割合は全体のおよそ2.5%〜3.5%。

つまり100人受けたら、2,3人の人がこれだけのスコアを取っているということになります。

 

この数字を聞いてしまうと、どうしても壁が高すぎるという印象を受けてしまいそうですが、Σ(゜Д゜;≡;゜д゜)

ちょっと冷静になって考えてみてください。

TOEICの受験者は毎回とても数が多く、その中には会社や学校から強制的に受験させられている人たちも多く含まれています。

そして、就職や転職を控えた人で、あわよくばという気持ちでろくに勉強もせず受験をする人も少なくはありませんし、中にはただ友人の付き合いだったり、ただの記念受験、もしくは話のネタのために来るような人もいます。( ̄□ ̄;)

要するにこれらの人たちを除いて、しっかり勉強をしている人たちの中でのTOEIC900達成率にすれば飛躍的に可能性は上がるということになりますよね。

第一、TOEIC900はちゃんと毎日継続的に勉強すれば、1年程で十分達成可能なものですし、頑張りようによっては半年でも達成することも可能なはずです。(実際に私の友人でそうした強者がいます。)たとえそれが、全くの初心者だったとしてもです。

こういったデータに惑わされることなく、誰にでもTOEIC900は達成可能ということを是非皆さんには知っておいて欲しいと思っています。

 

中学時代の通信簿が2でも1年でTOEIC 900

 

                     TOEICナビ・トップページへ    


TOEICにはスピーキングの能力を測る試験としてTOEIC LPI(Language Proficiency Interview)というものがあります。

TOEIC公式ホームページによると

フリーカンバセーションを通じて、発音、文法、語彙、流暢さ、理解力などがチェックされますが、評価はこれらのプロセスを経て総合的に行われます。

と説明されています。

このTOEIC LPITOEICの本試験で730点以上取らなければ受験する資格自体がないのですが、評価基準がとても厳しく、自分の欠点などを鋭く指摘されるものらしいので、自分の英語力に自信のある人は受けてみるのも良いかもしれません。

TOEICと合わせて履歴書に書けば間違いなく自分の英語力を裏づけできるものになりますからね。

ただ受験料が13,000円と、ちょっと高額すぎるような気もしますが。

 

                TOEICナビ・トップページへ


TOEICでハイスコアを持っていても英会話が流暢にできるわけではない、というのは結構周知の事実になってきています。

そのため、外資系やそれ以外のTOEICを採用している企業でもTOEICを人材雇用の判断材料として使うのも疑問視されてきているそうです。

しかし、私が思うに、TOEICは確かに小手先のテクニックなどで意外と簡単にハイスコアは取れてしまうものですが、それでも英語の基礎力を見るのにはこれ以上のテストはないと思っています。

私が実際にアメリカから帰国してTOEICを受験しても、よく英検などにはありがちな、「こんな英語は見たことがない」、というものは一切ありませんでしたし、むしろ、ほとんどの問題が、うん、これは覚えておかなければいけないものだよね、と思えるものばかりでした。

TOEICで出てくる問題は、英会話において基礎となるものです。

これが出来ている人とそうでない人。

例え現状でうまく英会話を使いこなせていない人でも、どちらが先に早く上達するかと言えば、それはもう考える必要もないですよね。

こうして考えれば、これから先、まだまだTOEICの必要性は下がるようには思えませんが、いかがでしょう?

 

                 TOEICナビ・トップページへ


TOEICのスコアアップの近道として、留学がありますが、実際に留学した人のTOEIC平均はどのくらいあるのでしょうか。

これはあくまで私の周りの人間を見た感じのものですが、海外(語学学校)におよそ半年滞在した人で、600点から650点程度。

1年ほど滞在した人では750点ほどが平均と言えると思います。

一方、2,3年もしくはそれ以上の長期で滞在している人にとってはTOEIC900点取れないと、ちょっと恥ずかしいと思っている人が多いみたいですし、実際にこのスコアを取る人が多いみたいです。

長年海外に滞在している人は、TOEIC自体に価値を感じないで受験自体をしない人も多いですけどね。

これらにはもちろん個人差がありますので、あくまで参考程度にしておいてくださいね。

 

                TOEICナビトップページへ