TOEICスコアナビ【TOEICなんて簡単!】
1年でTOEIC 900の秘訣

TOEICと英会話

「いくら単語や文法を覚えても中々英語を話せるようにならない!」

これは日本人のほとんどの英語学習者が感じることだと思うのですが、

「単語と文法をしっかりやれば英語が話せる。」

という考え方自体がこれは間違っていると言わざるを得ません。

 

ちょっと考えてみてください。例えば「おはよう」を英語で言うと「Good morning」ですよね。しかし「Good morning」を直訳すると「良い朝」となり、決して日本語での「おはよう」にはなりません。

要するにそういうことなんです。

 

( ̄□ ̄;)ドンナコト!?

 

いくら単語や文法の知識があっても、結局出来ることといえば日本語から英語の直訳になってしまうので、どうしてもへんてこな英語になってしまうんです。

また、日本語から英語への直訳が難しいものだったりすると、もうお手上げです。ウーとかアーしか口からは出てこないようになります。

 

あなたはレストランなどで注文を言い終えた後に、「以上です」とどのように言いますか?

「以上」は英語で「More」。だけどこの単語はこの場面では明らかにおかしいので、違う言い方を考えてみます。

「これで注文は終わりです。」

「終わり」は英語で「End」だから、This is end かな?いや、けど何か変な感じがする。。

とこんな風に考えているうちに頭が混乱して、うーあーしか声が出ず自己嫌悪に陥るわけです。

(ちなみにこの「以上です」の言い方は、That's it. もしくは That's all. です。)

 

上で述べたのはある意味極端な例かもしれませんが、私が言いたいことは分かっていただけると思います。

いくら単語や文法の知識があっても、上の「That's it」のような表現は絶対に出てきません。ですので、文法や単語の知識と一緒にこのような表現も覚えていかなければ英語は決して流暢に話せるようにはならないんです。

しかし、この英語表現のやっかいなところは「辞書で調べることができない」ということなんですよね。

辞書の「That」のところを調べれば「That's it」の意味も載っているのでしょうが、そもそも「以上です」の意味を調べるのに、「That」なんて調べませんから。

なので、やはり辞書と一緒に「英語表現辞典」みたいなものは、英語を話せるようになるためにはあると便利です。

Native English 28,000 Expressions

こちらの教材はちょっと高額なのですが、それだけあって、とにかく情報量はすごいものがあります。そして何よりも私が実際にアメリカにいて聞いたことがある表現ばかりがのっていますので、日本語英語ではなく、しっかりネイティブのように話したいと思っているような方にとっては、何よりも勉強になるものになるのではないでしょうか。

興味のある方は是非一度御覧になってみてください。

 

             「TOEICスコアナビ」トップページへ


私が語学学校に通っていた頃に韓国人と友人がいました。

その頃私は語学学校内では最高のレベルのクラスに在籍していたんですが、クラスで勉強する事と言えば、テレビのニュースや新聞を題材にしたものが多く、基本的な英会話に関しては特に多くのことをしてくれませんでした。

そのため(?)、語学学校での最高のクラスにいたにも関わらず私は英語をろくに話すことができなかったんですよね。

これはかなりのジレンマでした。

しかし、その韓国人の彼女は下のほうのクラスだったにも関わらず、英語をぺらぺら喋るんです。

ちなみに、その友人と同じクラスに在籍していた日本人の生徒は英語なんて全く話せません。しかし、その彼女はぺらぺら喋っています。

ここで覚えておいていただきたいのが、彼女は私より下のクラスに在籍していたので、語彙力、文法力は私よりその時点で格段に劣っていたことです。

こんなことを言ってしまってはとても失礼なことなんでしょうか、実際に彼女のペーパーテストの結果などを見せてもらうとそう言わざるを得ません。

しかし私はその彼女よりも英語が話せなかった。

そして、実際に彼女が話す英語を聞いて、私が日本人がよく犯してしまう失敗を私自身も犯していたことに気づいたわけなんですが。

それに気づいてからは、私の会話力は数段に上がりました。

要するに私はかっこつけすぎていたんです。。

ここら辺の話は「プレインイングリッシュ」という本に詳しく載っていますので、「使える英語」を身につけたいと思う方は是非こちらの方を一読されることをおすすめします。

もしかしたら、あなたの英会話に関する常識をくつがえすかもしれません。

値段的にも決して高くはないので、一冊持っておいて損にはならないと思いますよ。

 

プレイン・イングリッシュのすすめ
ケリー伊藤
406149225X

 

              「TOEICスコアナビ」トップページへ


英会話をするときに中々難しいアクセントですが、これにはちょっとしたコツがあるので、覚えておくといいと思います。

英語の文章を話すときは、最初の三文字まで一気に読むとそれらしく聞こえます。

例えば、

Can I get a blanket?

だったら、キャナイ ゲラ まで一気に読む。アクセントはいつでも一番最初です。最初のキャの部分を強く発音して、あとは静かになっていく感じですね。

そしてそこからちょっと間をおいてから、ブランケッ と読んでみてください。

周りのネイティブの方たちを見ても、こういう話し方をしていましたし、実際に私がこれを知って実行してから、英語がうまくなったね、と言われるようになりました。

皆さんも是非試してみてください。

 

              TOEICスコアナビ」トップページへ

 


ネイティブスピーカー(特にアメリカ人)と会話をした経験がある人には分かると思うのですが、彼らの話すときのスピードはかなり早いです。

しかも、ただしゃべるスピードが早いだけでなく、相手が話し終えて、次にまた違う人が話しだすまでが、これまた早い。

最初の頃、ネイティブ二人と私の三人で会話をしているとき、そのあまりのスピードに私はただ顔を左右に動かしていただけでした。(卓球を見ている人の顔の動きを想像してみると分かりやすいです。)

そんな環境に長くいると、やはり自分の口調も自然と早くなってくるんですよね。

英語を話しているときはおろか、日本語を話すときでさえ、微妙に早口になっています。

そして、何故か口調が早くなるにつれて自分の動き自体も早くなっていき、何となくですが日本にいた頃よりも、せっかちに動くようになったんですよね。

そして、周りの日本人ももちろんそんな感じになっていくので、冷静に周りを見渡してみると、皆さんやはりせっかちです。

滑稽なぐらいに。(笑)

 

私は日本人の英語が苦手な理由として、やはりこのスピードは大きな要素だと思っています。

早いから聞き取れない、周りのスピードに頭が中々追いつかずに言葉が続かないなど。

(日本語での会話って実は相当のんびりしているんです。)

英会話学校ではちゃんと話せるのに、いざ実際に友達などと話すときになると全然だめ、と言う人が結構いましたが、普段の会話で学校の先生のように聞き手がじっくり待ってくれるといった状況は普段の会話ではそれほどないので、そういったことになるのだと思います。

自分が言いたいことを頭でまとめている間に、周りはもう完全に違う話題に進んでいます。

普段の日本での会話のペースではちょっと英会話はきついものがありますので、是非このスピードを意識してみてください。

そう考えると、せっかちぐらいがちょうど良いのかもしれませんね。

 

               TOEICナビ・トップページへ


英会話に興味はあるけど、スクールなどに通うお金も時間もないという方にとっては「英会話カフェ」というものがオススメです。

このカフェには常にネイティブスピーカーが常勤しており、1時間千円程度でお茶をしながら、彼らと英会話が楽しめるシステムになっています。

普通の英会話スクールみたいな時間的制限は一切ないので、自分が気が向いたときにいけるのが忙しい人にとっては嬉しいですよね。

英会話の楽しさを知るためにも、こういったものは是非利用してみてくださいね。

もちろん、TOEIC対策としても役に立つはずですよ。

 

               TOEICナビ・トップページへ


Youtubeで英会話に関してのビデオを見つけましたので、興味のある方はどうぞ。

English Lesson

字幕なしですので、リスニングの練習にとても良いと思いますよ。

うまく聞き取れない人は繰り返し見てみてください。

 

              TOEICナビトップページへ

 


英会話をするときに、よくやってしまう間違いで「分かった振り」をしてしまうということがあります。

あんまり聞き返してしまうと、相手に同じことを言わせてしまうので申し訳なく思ってしまうというのが本音であるのでしょうが、これは実際に話をしている方からするとあまり気持ちの良いものではないようです。

私も相手が話していることを聞き取れなかったにも関わらずに適当な返事をしてしまい、「今あなた私の話を聞いていなかったでしょ?」とつっこまれて、相当に恥ずかしい思いをしたことがあります。

普通に考えれば、相手が一生懸命話しているのに、それをろくに聞きもせず生返事をすることの方が、何回も聞き返すことよりも失礼なことですよね。

相手もあなたが英語がうまくないというのは、ちょっと話すだけで分かるはずですから、もし聞き取れなかった場合は何回でも聞きなおしましょう。

正直に私は英語が得意ではありませんと前もって言っておけば、相手も辛抱強く話してくれるはずですから。

 

                TOEICナビトップページへ


私が英会話が全く出来なかった頃によく留学経験者などから英会話を上達させる秘訣を聞きまくっていた時期があります。

そのときにほぼ100%同じ事を言われたのですが、その返ってきた言葉がというのが。。

英語をとにかくしゃべれ!

ということでした。

 

しかしですね。。

喋れないから喋れるようになるための秘訣を聞いているのに、とにかく喋れというのはどういうことですかーーー!!(>Д<;)

とにかく喋れることができれば、こんなことは聞いていませんっていう話です。

 

しかし、これは理屈としては非常に正しいことなんですけどね。語学力は筋肉と同じで使えば使うほど強くなっていくものですから。

恐らく私が今同じことを誰かに質問されてもやはり全く同じことを答えると思います。(爆)

しかし、私自身が感じたように初心者の方たちにとっては、とにかく喋るなんてことは難しいと思いますので、ここはちょっと視点を変えて、日本でも簡単に手に入るものを利用して英語をとにかく喋る状況を作ってみましょう。

映画や海外のドラマなどのDVDを英語字幕でみながら、出演者の台詞を復唱する。

これだったら、英語が全く出来ない初心者でもできますよね。何せ私自身やっていましたから、あなたにもできるのは知っています。

ドラマだったらおよそ30分。映画だったら2時間。

これで英語を喋りっぱなしです。

私自身これで結構な成果を出すことができましたので、ぜひ皆さんも試してみてくださいね。

 

一ヶ月DVD借り放題!

 

                TOEICナビトップページへ


日本人が英語を喋るときに、どうしても文法を正しくしたいという気持ちが強く出て、それにこだわるばかりに中々言いたいことが口からでてこないとことが多々あります。

要するに考えすぎなんですよね。

確かに文法が正しいに越したことはありませんが、例えネイティブスピーカーでも文法を間違えて話してしまうということはあるので、我々外国人はそこまで気にする必要もないように思います。

もし、あなたの前に外国人がいて、一生懸命日本語を話しているのを想像してみてください。もし、彼らが文法の間違いをしたら、あなたは彼らのことを馬鹿にしたりしますか?

よっぽどの嫌な奴しかそんなことはしませんよね。

最初はとにかく間違えてもいいから、自分の言いたいことを話す。そして、後でもいいので、自分で分かったり、相手から指摘されたような間違いを少しづつ直していくことが、一番上達の近道になるはずです。

あなたが間違いを犯したところで、そんなことを気にする人はあなた以外にはいないんですから。

ただ、ネイティブスピーカーからすると、a と the など、微妙な文法の間違いに関しては、少しだけですがちょっとの不快感を感じるというものがあるそうです。

そういったネイティブスピーカー文法のに関することなどには、こちらの本がとても役に立つのでご紹介しておきます。

ネイティブスピーカーの英文法

文法書にありがちな分厚さは全くなく、読み物としても楽しいので、楽に読むことができると思いますよ。

 

                TOEICナビトップページへ


小学校からの英語教育については賛否両論あると思いますが、私個人的には幼い頃から外国語に慣れさせるというのは賛成派です。

かといって、子供の頃から完璧にさせるとかそういうことではなく、あくまで慣れさせるといったレベルの話ですけどね。

私が留学中にしりあった女性で英語を本当に流暢にあやつる人がいたんですが、話を聞いてみるとやはり幼い頃に英会話学校に通っていたとのことでした。

彼女は中学校に上がると同時にその学校は辞めてしまったらしいのですが、今にして思えば、あの頃に英語というものに慣れしたんだおかげで、この年になって勉強しても比較的楽に覚えることができたということです。

実際に通っている頃は嫌でしょうがなかったらしいんですけどね。(笑)

私自身の経験からも言えることなんですが、結構昔に一回覚えたことって、忘れた頃にまた勉強を始めると比較的すぐにまた思い出すことができるんですよね。

特に語学の場合は頭の柔らかい若い年齢のうちに始めたほうが上達しやすいというは間違いないことだと思いますので、幼いうちにある程度は慣れさせたほうが後々勉強をするにも有利になってくるのではないでしょうか。

あくまで無理強いはさせない程度での話ですけどね。

しかし、自分の子供が突然英語で話しかけたりしたら、びっくりするでしょうね。。

 

親子で楽しめる英語教材の無料サンプルプレゼント!

子どもたちの無限の可能性を最大限に伸ばしたい・・・
ベビー&キッズ向け英語・知育教材専門店「IZUMI ONLINE」

 

                TOEICナビトップページへ